So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ゴハチ不安定 [喜]

ゴハチ不安定

なんでもまぁこんなに不安定な日々が続くのか、自分の行動に全く自信がない。自分が発現するたびに反発しやがるバカにする…そんな愚連に付き合わざるを得ない事実、これこそ実にバカらしい。ロクでもない日常に気力も薄れて、青ざめた顔つきでしか居られないってーのが今の自覚。脅されたところでスグに忘れる…強みであったお気楽な良心は何処へやら。何を始めようにも怖いが先に立つ。快活な神経線を束でもぎ取られた感触である。その線を地味にも一本一本丁寧に繋ぎ直す必要はあるが、何がどう転んでもブッちぎられる量の方が多い。抗精神薬に頼ったところでコレだからダメだ。

5A3B2F75-8646-467D-AD5C-CB8434A31376.jpeg

「こうあるべき」ではないのだ。そんな主張はパワハラそのもの、歓迎すべきではない。さらに期待する方もダメであって、それを捨てれば悩みは消えるハズ。何より実感と共感が大切だ。笑える日はまた来る。生後58年を迎えたこの日、玄関先のハナミズキが突如として開花し驚いた。今年は早いなぁ、異常な暖かさが急来したためか知らん、桜も早々に散り散りの感が強かったので少し嬉しくなった。不安定なゴハチは暫くはおとなしく、決して無理せず頑張らず、動いてみますかな。
35DF33EB-3A24-4EE9-87F0-78DA7448EDAF.jpeg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

分かっちゃいるけど…竿振り&ヒコーキ撮り [哀]

分かっちゃいるけど…竿振り&ヒコーキ撮り

壁に向かって座禅を組んでも不安解消至らず仕方なし、いろいろと種まきをするコトがよろしいかと先ずは竿振り&ヒコーキ撮りに出る事にした。ひとり遠出できるだけでも有り難いこと。しかしヤヨイも最後の土曜日、分かっちゃいるけど海水温はまだまだ「冬」だから釣れるハズがありません。しかし…とにかく動くべし、行動なきところに幸いなしと考えた。サクラも今年は早々に満開となり暖かく釣り人の気持ちも焦る?あわよくば釣れるゾ!と言う下心が正直大きい。日の出とともに竿振り開始。当然だが見渡す限りに人の気配はない。


E816C9FE-BB22-4FF6-98C6-F1D78E509ECC.jpeg

ココは朝散歩される方々の姿も多い好地岸壁なのだがやはり…サクラ満開なりといえども朝イチは寒い。今朝は冬の服装でこの寒さに耐える。そしてひとり、ポツネンと竿振りを繰り返すがもちろんアタリなし。時おり大ボラの跳ね姿も見られたが、我が本命の雑魚たちの気配はゼロ。ただ朝日に照らされ気持ち良く、クスリ要らずのこの時を過ごせるだけでも幸せを感じる。

自分の考えが正しいと確信が持てない、行動に自信が無い、事物に夢中になれない。竿振りながらもヘラヘラな愚痴垂れ落ち込んでいると「何が釣れますか?」とお声が掛かった。ゴミ袋を手に普段も早朝からココ岸壁の清掃に出歩いているオバア様である。彼女?に限ったことではないが、ココは他所から来た他人に話し掛けてくれる気さくな地元氏が多い。それだけでもココロ洗われるから感謝です。ところで何が釣れるんかって「何も釣れるワケがないですよね。」いくらサクラ満開でも独り善がりはダメ、少なくともひと月は早いと痛感。せめてジャケット要らずの時期まで竿振りは控えた方が良さそうだ。早々に諦めて納竿、次なるヒコーキ撮りポイントへと移動する。

B85FA370-8849-484F-B1F2-26D64441233F.jpeg


目当ての機体VN347の離陸予定より2時間も早くポイント入り。先ほどの岸壁では背風だった北寄りの寒風もこちらではモロ正面から受ける形になるから暫く寒さに耐えるしかない。そんな中、こちらの護岸ではブッ込み or フカセの釣り人多数いらっしゃる。残念ながら釣果は確認できず、やはりまだ「冬」みたい。それでも挑むココロとは何なのか。分かっちゃいるけど自分も早く「その気持ちに戻りたい」とヘラヘラしていると、予想外の機体の臭い?がしてきた。

1E3795FC-5BF0-46B8-B88C-EC50F8190BB2.jpeg


776DE8CE-BBC3-4ACD-9A15-212158EA832A.jpeg

寒風には閉口したが早めのポイント入りがラッキーを生んだ。CBを撮影できるとはウン十年ぶりのことか。スタアラ塗装はオマケとしてもありがたい。ここは朝の順光撮り、オタク冥利につきますなぁ。ほんとは左旋回後のおひねりを撮影したかったが、このごろは急旋回組が減ったような気もする。ヘイズっぽい春の陽気も重なったので、思い通りの絵にはならず残念。

DC47B4A1-197F-430F-944C-8E2BE73CCCA5.jpeg

81D5EB6D-3DAC-410C-870D-5AD9A4A1B8E7.jpeg

目当ての機体も予定より少々遅れて離陸、今日は昼までに帰宅する約束なので、分かっちゃいるけどインターの出発遅れは冷や汗もの。ひとり遊びも大切だけど家の用事にも心配事が多い。後ろ髪引かれつつもポイントを離脱、自分勝手な行動は当分は慎しむべし身分なんだよなぁ。でもこうして心配や悩みがあるから…逆手を取れば幸せなのかもしれない。チャンスをみてまた遊びに来よう。


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

忘れるに任せるか? [哀]

忘れるに任せるか?

要らぬ心配症がいよいよ悪化?人と話をすることも億劫になってきた。必要に迫られても相手の名前が出てこない。要件のタイトルもド忘れするモンだから、肝心な話の内容が人に伝わりにくい。当然相手は変顔…その結果叱責の如く返される言葉。そんな恐怖に耐えかねて、思い描く日常がヘナチョコになっている。正当な理由ありきも横暴な口だけ奴等には通じない。幸いなのは季節寒さも落ち着き、あちこちで桜開花の便りが聞かれること。今日は空もスッキリと晴れ、浮き世を離れてボケッとするには問題なし。ただし頼りのクスリもアッと言う間に底をつくから、クリニック通いも頻繁で辛い。

4CDDCE14-6E49-44EF-B055-B281BB435389.jpeg

現状、脳味噌の処理能力が追いつかンのだろうなぁ、些細なことでもストレスとなり蓄積されていく。その度にクスリクスリと走るのは如何なものかと悩みも絶えない。それでも一時の開放感を求めて一服また一服とクスリにスがること自体が、これまた情け無い。でも…そんな「ありのままの自分」を受け入れてもイイんじゃないか?「これでいい」とあえて肯定するのだ。問題は今後「いかに生きていくべきか」まぁ別に幸せに生きなくとも良いし、勝手な判断で卑劣な行為に平気で出る自分を正気に肯定している事実もあるワケだし…「あるべき姿」なんぞクソ喰らえ!である。

05D33CC1-04AB-415B-9D27-542E82F100B3.jpeg

とにかく耳鳴りやらヘン頭痛やらコリコリ首スジやら不眠やら、病的な不安から来る体調の崩れを少しでも緩和したい今は、ひとりでボケッと徒然るに限る。この際、世間様の都合などドーでも良いのだ。事物思想行動に対するこだわりも怪しくなってしまった今、焦ってみたところでアホを掘るばかりだ。

5BB81C4D-E389-43E7-98A0-CE8C67AF0010.jpeg

「いつか陽のさす時もありますよ。」って〜のはクリニック先生の本日のお言葉。これまでもそんな経験はあったし、それまでは体調管理に留意して毎日を大切に過ごそう。辛く思うことなど忘れるに任せるか。お次のお楽しみは明日にでもやって来るかもしれない。しかし今回の「谷」は今までの経験にないほど長い。桜の木もだいぶ色付いてきたコトだし、ココロの気流も上昇に向かうことと願う。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

今年は違う?意変の予感 [哀]

今年は違う?意変の予感

雪も降り、おう〜っ寒い!なんて始まった今年も早や弥生半ば。いきなりサクラも咲くぞとばかりの陽気になったり冷たい雨風が降ったりで、チョット変な季節感を覚える。ココロの調子も低迷続きが続きに続き…てか体調良いのか悪いのか、自身で判断すること自体が難しく思えてきた。こんな時はこうすれば救われる、なんて会得したつもりのテクも効かず終い。これからも付き合っていくべきビョーキ病いなのに今年は様子が違う?ようだ。

ただ低迷続きと言ってもメシも喉を通りカラダも動くだけまだマシ。勤めも無難にこなしているし、遊びもナンとか行動できつつある。しかし…いずれにも「萌え」がない事が気にかかる。ものづくりのココロ、そんな商売をやっている自身ながら、いまひとつ突っ込みが足りていない。さらにお目当てのナニを撮ったとしてもコレまた萌え感が不十分…ナゼだろう。


6C10F7DE-70C9-4D9B-8D61-C37AFED93B71.jpeg

世間様が年度末を挟む三月から四月、環境の変化、その関係で次週から暫くは自由な余暇も少なくなり定形イベントの予定づくし。ならば行ける時に行きましょうと先週のリベンジよろしく好場の温排水へと竿振りに向かった。今回はヒコーキ撮りの浮気なし、一兎を追う覚悟して臨む。夜明けとともに釣り開始、本日大潮満潮からの引き始めが朝マヅメの時合いと重なり釣行条件に問題は無いはず、なのだが…

F3758FC4-EBCF-4826-9D72-E34F36DBE5A5.jpeg

日の出から3時間くらい誘いを続けたがアタリ…まったく無し。この時期、毎年恒例の「釣り」だけに、信じられない事態である。地元師の話では三月初旬に小型ながら束釣りできたそうだ。ただし日の出る前までの時間帯、日が差すとダメだったとか。それもニ〜三日の出来事で、その後はパタリと居なくなったそうだ。毎年四月上旬まで楽しめる当該竿振りだが、今年は異変なのか。

22BBF9BF-4570-4FAC-8CC9-367FC6E3A4BC.jpeg

ちなみにクロ組の皆様にも釣果が見られなかった。ココ温排水通いも今年は諦め去るの感が強い。いや、我が雑魚釣り自体ももっと暖かくなるまでお蔵入りかも。不調続き、長引きそうだなぁ…サカナ釣り…たとえボウズでも夜明けの海を体感楽しみ感ずるテクは身に付けていたはずなのに、これではストレスだけが残る。

意変の予感、マルバツやら善悪やらどちらに転ぶのか定かではないが、今年はココロの締め方に何やらズレがあるようで心配だ。やはり無理しない事が大切、撮りならば順光に従うがよろしいだろう。クリニック通いは続けるにしても「加齢ですよ!」なんて言い訳始まったらクソ面白くもない。だからやはり無理はせず、巡幸のココロを大切にしたい。

B866B0EE-C536-4A7A-9DF8-CB4D38257F2D.jpeg


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

欲張りオタクは運も尽き [怒]

欲張りオタクは運も尽き

相変わらず不眠?な毎日、その土曜日の未明、夜中寝床でスマホを叩くもハバからしいが、LCFがNGOから早朝出発する情報が入ってきた。今日は快晴の予報、北寄りの風強く寒さもあるが視程は良さそうだ。朝7:00ごろに離陸って〜ことは順光チリバツ。単なる自己満足だけど朝日を機体側面に受けた離陸シーンではその写りは最高となるはず。早起きは三文の徳、夜明け前、カメラを抱えてそそくさと家を出る。ややもすると暴走車が横行する週末未明の下道を走るのも久しぶりだ。辛い日々が続く中、期待する離陸シーンを撮って、せめて低迷するココロの救いとなれば幸い…と実はそんな下心がホンネと言える。

NGO空港島の東対岸、狙いの撮影ポイント至近に到着、気焦りのため?予定より1時間ほど早く着いてしまった。クルマを駐車しスマホを叩くと…あれマァ、出発スケジュールが変更されており…3時間もディレイだと!朝日の効用もこれで薄れて…期待した撮りも出来ず肩が落ちる。仕方ない、小潮ながらこの時期好例の行き場となっている武豊温排水行きへと計画変更、一路知多半島を横断する。いつもの灯台を拝みつつ、竿を担いで徒歩侵攻。好意で解放されているこの私有地釣り場、今期も健在しており感謝です。

4317659D-1AD1-46EB-B5EB-4E035E0884D6.jpeg

釣り場へ到着、見回せば釣り人多数、これはイケるぞと早速仕掛けて竿振り開始。しかし…アタリなし。気付けば周りはクロ組の皆様ばかり。ハテ?今冬の厳しい寒さからして、もしやひと月くらいシーズン遅くなっているのか?あらためて見回せばノベ竿を振る方々は片手にも足りない。その代わりか、大群なボラたちが次から次へと我がか弱い仕掛けをもぎ取っていく。中には針に食い付く奴も居て実に厄介。せめて半束は欲しかったが全くの期待ハズレ、300円のお高い仕掛けはパーとなり、悔しくも竿振り1時間少しで納竿を決意した。

787BADE6-0D00-4982-A7AB-0A10C877E9A7.jpeg

そー言えばこの時間帯ならディレイ中のLCF離陸に間に合いそうだ。再び知多半島を横断して朝の撮影ポイント至近へと出戻りする。クルマを駐車させてスマホを叩くと…機体はすでにランナップ中、変更スケジュールまでまだ10分以上あるハズなのに…これだから貨物便は容赦がない。カメラを担ぎ撮影ポイントへ行き着く暇もなく機体は空へと消えていく。期待した離陸シーンは撮れず、何時もとは逆?なぜか西方の空に消えて行ってしまった。トホホ…無念なり。

842EAD84-FA23-4EB1-B463-7DD6E522B3AF.jpeg

運が悪かったと言えばそれまでだが、冷静な判断力のない自分がすべてイケない。それにしても欲張りな行動は何の徳にもならない。あれがダメならコレだろうなんて自分勝手…焦ってもイカんし…ビョーキを経験したおかげで生きるスタンスが好転したと思っていた自分が、実は強欲のカタマリに回帰したみたい。これでは他人に迷惑をかけること必至である。何を欲張ってもダメだな。運の尽きた現状と合わせて、どうビョーキと付き合っていくかが課題。暫くは平静で過ごしましょう。ただクスリの量だけは増えていく。嫌な渡世だなぁ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

Roman? Sick が止まらない [哀]

Roman? Sick が止まらない

生活ペースはマイペース、これでイケば何ら変わりない日常を送ることができる。もちろん他人様には迷惑をかけない範囲でのこと。しかしこれとて時系列に山谷のあるココロなので、理想的に体調を維持することはなかなか難しい。そして今は谷なのか…あせりと不安、怒りが先行するココロ毎日…ビョーキ持ちは辛いよ。

何事もやらねばならぬとの悪い責任感から、圧力に耐え忍び事を進める気力も…あやしくなってきた。日々接する嫌な奴らを撃退したいが衝動的心理に悩まされたり、やたら人当たりが酷くなっているようで、腹が立ち怒鳴り返す言動が多くなっている様子。事実、他人様に迷惑や心配をかけている…申し訳ない。

2DBDBA95-DA6B-42F5-9BBB-DDCC7D10F617.jpeg

怒りっぽいのは老化のため?なんて話も聞くが、かと言って趣味に没頭する気力も低迷しストレス解消とはならず溜め込む一方だ。行動を起こす思いっきりが無いようで、いつもの自分らしい行動力がウソのよう。おいおい、この先いったいドーなってしまうのか。ブログる気力も失いかけている今、復活のトリガーに出喰わすことを祈りたい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

合格祈願 [喜]

合格祈願

このところ好きなお遊びに没頭する気力が低い。ヒコーキしかり、釣りしかり、模型鉄もイマイチだ。そのチャンスはいくらでもあるのに、ナゼかヤル気が出ない。そのためか、日頃の憂さを晴らすことも間々ならず…些細な小事に怒りと不安を覚える毎日…睡眠も浅くなってしまった。

嗚呼ご乱心スタビライザー、好きな事に没頭すること即ち病理を蹴散らかす術が希薄となっている。これでは怒りや悲しみといった感情がヒョンな事態から勝手に繰り出すあの豹変へと走りがち…いやはや困ったモンだ…クスリの服用回数も上位で維持…いやはやなんとも苦しい毎日だ。

お客様も年度末を迎え、あれもこれもとお仕事を受け賜わるを得ない。ギリなスケジュール、納期までに失敗は許されない。若い頃なら速攻で食いついたモンだが…気力体力、時の運も遠去かりあるようで…好きな仕事でも寄る年波の省エネ化には敵わないのか。

いやいや、そうではなかった。それ以上の心配事が…受験シーズン、我が子の行く末を心配する親心はどちらのご家庭も同じであろう。まぁトンビはトンビなので、あまり高見は望めないけど、自分の遊びは暫く我慢して、ヤツの勝利に向け日常生活を続けよう。

IMG_3273.JPG

リラックス出来ずとも、変な焦りは禁物だ。人生の分岐路はいくつもあり、そのひとつひとつに意味がある(…あったし)。憂さ晴らし…ヤツのサクラが咲いたら絶対に飛んでやるぞ。そしたらまた爽快な趣味の世界へ突進だ。果報(?)は寝て待て。神頼み…ミチザネ様にもお参りしたし、あとはみな皆さまの祝い合格をば、お祈り申し上げます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

大寒 [喜]

大寒

時流の変化か、お仕事ではアレコレとプレッシャーが掛かる機会も多くなり、ヤバく気落ちする場面も多々出てきたが、そこはクスリのおかげで飲めば多少の気休めとなりココロ落ち着く。ただ気になるのは…相変わらずクスリ服用量の過多。指定処方は毎食後1錠となっているが、クリニック先生許諾の上で頓服として利用している。つまりヤバそうと感じる時、もしくは突然の高波に襲われた場合にいっぷく盛るのである。

ところがである。お仕事中ならまだしも、ココロ休まるハズの休日の最中もココんところ頓服トンプクと走る我が身の情け無さ、つまらぬ事やってるなぁ〜としみじみ感じる。飲めば治るが服用はばかりし、1日の許容値はご指示を越え、なんか暴走しそうで怖い。ならば釣りでも…と早起き、思いがけない先週のボラ掛かりが動機となった。

180102 碧南01.jpg

大寒の今日、久しぶりの碧南は極寒とはならず、夜明け前、思いのほか駐車場には空きもある。この時期はココ温排水しか猟場がないのが悩み。目標は高くイワシを二桁とした。風も弱く海面には湯気が立つ。

180102 碧南04.jpg

180102 碧南02.jpg

地元師のお話では先月年末までサッパ、イワシ、コノシロとケッコウ楽しめたそうだが、年明けからはボラばかり。この時期は産卵前の各個体が温排水にワンサカ(?)と寄っているハズなのだが…ボラがスレ掛かりするだけ。好みである「か弱い」サビキ仕掛けはひとつまたひとつと枝針が欠けていく。ハズレなしの絶対ポイントなのに釣果ゼロとは…やはり通ってナンボの世界なのか。

180102 碧南03.jpg

でも久しぶりの本格竿フリは気持ち良かったなぁ〜。これで少しはやる気スイッチに指が届くかも知れない。クスリ…今日は飲まずに済みそうだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

釣行出初式 [喜]

釣行出初式

名古屋市消防出初式は年始の恒例イベント、赤い消防車両にはそれほど興味はないのだが、赤いヘリコプター撮りには絶大な期待を抱いているので、毎年楽しみにしている。開催場所は名古屋港ガーデン埠頭、ヘリの機動飛行域は海上がメインとなり、低空を高バンクで旋回の繰り返し、撮りごたえはバツグンなのである。

さらに至近に位置するポートタワー階上の展望室から様子見すれば、機動飛行を俯瞰するカタチで撮り楽しむことができる。ただし…唯一の困り事が…場所柄オール逆光になること。くそッ、逆光にまけてたまるか、なんて言ってはいられない。自分の技量からすれば、逆光すなわち気乗りしないの一言なのだ。この頃ようやく露出コントロールの良し悪しを把握できるようになってはきたが、白飛びに黒潰れにと…己ながら技量足りずのデジタル写真は意外とムズイ。

ならは順光で撮ればいいと今年は別の撮影ポイントを物色するも、南向きに開けた岸壁では船で沖に出る(?)しかない。陸っぱりしか選択肢がない自分としては東側もしくは西側のエリアを物色するのみ。しかし「撮り」には距離があるなぁ〜、まぁいいか、今年は風景画でも良いとして西側へ、いざ試撮みる。

180114 11.jpg

式次第は進むがヘリの登場時間はスポットなので来賓挨拶や分隊行進の間は実に暇となるが、ここは埠頭…幸いにも日曜日なので港湾作業もお休みの様子。ならばとやおら竿出ししてみた。この時期に伊勢湾最奥地で何が釣れるでも無し、単なる暇つぶしである。

180114 14.jpg

今年の初釣りがココとは…なんだか情け無いが、良いお天気の下、キモチだけは癒される。やはりこのサビサビと釣竿をあやつり、誘いを入れる楽しさは、好きな人しか理解できないであろう。と…安気にヒマをつぶしていると突然穂先が持って行かれ、それなりの魚信あり。

180114 15.jpg

小ぶりながらボラである。それもスレではなく食ってきているから面白い。回遊しているようで入れ食いとはならないが、飽きず程度に掛かるので、もう暇つぶしでは無くなってしまったが、上空ホールドしていたヘリが徐々に高度を下げたかと思いきや、対岸に位置する山崎川河口からイキナリ低空で進入してきたからヤバし…釣りと撮りの両立はなかなか難しい。

180114 12.jpg

180114 13.jpg

やはり「撮り」には遠かった。画角を伸ばしては見たがスッキリしない。これも下手の横好きの結果なのか。そう言えば愛用のC社デジタルカメラ、入門機種だがすでに10年は使い込んでいる。現行機種に比べると単純ながら画素数も劣る。ならばここは新調すべきか。ここンところの遠出遊びが気落ちしているおかげ(?)で小遣いにも余裕(?)があり…購買意欲を掻き立てる初撮りとなってしまったようだ。

180114 16.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ひとりになる時間 [喜]

ひとりになる時間

180103 01.jpg

遅ればせながら…新春、なごや航空ミュージアム、YS-11 152号機、機内一般公開、参加してまいりました。50年前に設計された機体であるも要人輸送機として活躍していたヤツで、コクピットの後方、機内前方から特別な座席配置となっているレアものです。あいち航空ミュージアムへは2度目の入場でしたが、案内いただいた方はまたしてもあのY教官、その滑舌たくましい解説節&安全喚起にココロ打たれました。知りすぎている方の罪?いやいや多くの見学者をアナいするには、たいへんなご努力が必要です。今回もスタッフの皆様に感謝です。

公開時間が迫ると長蛇の列が形成され…ただし定員制なので列後尾に並んでもケッチンされる方々が出始める。今回訪問はこれ目的だから自分は当然と列の先頭組に位置、そこから様子見していると…さりげない仕草でケッチン組にお断りを入れるY教官、小さな子連れのファミリーが多い中、己のようなオタクなオヤジがのさばるのは如何なモンか…なんて情けは無用、見たいものは見たいのだ。

180103 02.jpg

180103 03.jpg

180103 04.jpg

180103 05.jpg

180103 06.jpg

いいものを見せていただいた。ちなみにギャレーにある加熱源はスチームで、オシボリを温めることくらいしか出来なかったとか。電子レンジでチンなんて、今時のものらしい。

180103 07.jpg

その後は名機100選のフルスクラッチモデルをゆっくりジッくりタッぷりと見て回る。すると…モデリング魂に火が着くワケですが、自宅に山とある衝動買いした塗装済みキットもホコリを被ったままでは…でもキモチだけの癒やしでもありがたし。細部にこだわった素晴らしいコレクションです!と、ひとり悦に入る…つまり一人になる時間が幾らか持てるようになった今、好きな場に身を投じる幸せも同時に感じるワケ。子供も大きくなると付いてこないしねぇ、ある意味でココロをシメた時間となるのです。

自分も現役とおさらばするまであと数年、リタイヤ後はここに居るYSのように皆様に集られ喜びを感じてもらえる…みたいな格好良さまでは望まないにしても、無理やり狩り出されたボランティア(?)Y教官のように自分らしく奮闘し続けられたら、普段の落ち込みがやおら掃けて、クスリに頼らずとも素直になれると信じております。

嬉しい出会いがあれば、悲しい別れもある。好きな事にあまり集中できずに居る今、自分自身が情け無くなってしまうシーンも時々あり〜ので、何かに夢中になる時間はやはり大切だ。ちなみにモノにも走るゾ。地元・鳥山氏デザインの当館オリジナルピンバッチも無駄遣いながら購入…作りはどうもファインM社のようだし…好き者ならばコレやはり買いですワ。

180103 08.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康