So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ひとり自由時間 [楽]

ひとり自由時間

なんかぁ…体調がよろしくなって参りました。上方から何ヤジ喰らおうと、この際は屁の河童!とまでは行かないけど腹が立つ事案にはドシバシと声に出して主張し、嫌なことはイヤ、嫌なヤツはテキトーに無視している。ただし怒らず穏やかに、コレが第一。その時が来たら先ずは深呼吸して一考する間を設ける。まぁ正直言えば実際には思いの半分も成し遂げてはいないが、絶不調に落ち入るよりはマシということで。

そんなこんなの塩梅の中、今週末は一日ひとり自由時間を頂だいできる事となり、ならばやはりコレかとNGOまで足を運んでみた。流行りモノ?なんて言っては好意の皆様に失礼であるが、初めから期間限定と告知させては撮らぬワケにはいかないのが自分の悪性。梅雨入りしているか今日は陽が差す予報、ヒコーキ撮りにはチャンスである。

180609 03.JPG

180609 04.JPG

180609 05.JPG


Amuro Jet、ご本人との関係は何時ぞやOKAのボーディング待ち中でK様と一緒にいるところを遠くから目にしたのみ。単なる自己満足。できれば腹のマーキングも撮ってみたい。そして沖縄へ行きたい、OKAを闊歩したいからね…いまからヘソクリ貯めないとイケませんなぁ。

撮るものは撮ったのでお昼過ぎの満潮を挟んで3時間ほど竿出しすることに。本日若潮の最終日、いつもの岸壁で釣果をお尋ねすると小サバが勢い上がっているとのこと。シメシメ、早速竿を出してみると…極小カタクチばかりで思うようにはアタらない。今日は午前中がよかったそうな。そのうちサッパやコノシロの猛攻?を受け、貴重な仕掛けが次々とぐちゃぐちゃに。カタの良いコノシロの引きは楽しとしても、まっ昼間のサビキ釣りはやっぱダメか。

ほぼ極小カタクチ、数はそこそこ出るから…ピーカンの日中でこれだけ楽しめればオーライでしょう。日差しは強いが風があるからそう暑くはない。水分補給しながら細かなアタリを楽しんでいると、それは突然来ました。竿先がククッと底へ底へと強く引き込まれる。小アジ様、今期お初です。さすがに続かないが今年も港内へ入ってきたこと確認できただけでも満足だ。

180609 11.JPG


満潮も過ぎ、潮位もだいぶ下がってアタリも無くなり、ボチボチ納竿かとバケツ洗いを始めたころ、竿下の海面が突然ワサワサと…前回に続きマイワシトルネードがやってきた。これほど潮が引いても来るものは来るのか。一振り二桁の一荷もありで夢中になってしまう。カタも前回よりひと回り大きくなっているし、これからが楽しみ。

180609 12.JPG


今日は遊び甲斐があったなぁ。待望の小アジ釣果は131尾中の4尾だけ、これからであろう。やっと子供に手が掛からなくなってきた今、好きな所へひとりブラブラと、久しぶりに今日は気ままに過ごす時間を満喫できた。だからチビッ子の親子連れを観ると、思わずニャと微笑ましく感じる。子育てはタイヘンだよねー、その分楽しみも大きいけど。今となってはチョット寂しい気合も感じたりして…何とも。さて、またヒコーキ&釣りするゾ。

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

撮り鉄と唐揚げに萌え [楽]

撮り鉄と唐揚げに萌え

体調はよろしいとしても、クスリの服用はやはり欠かせない。けさもユルリと起き上がったが耳鳴り酷く、ヤケに不安めたい気分。このビョーキに対する耐性はある程度体得したと思ってはいるが、体調の日ムラはストレスだけが原因とも限らない。飲み過ぎ食べ過ぎはもちろん、急激な気候変動に痩せ我慢したりせず、心身の欲求には素直に対処して然り。不安ある時は一歩下がって考えてから行動すべし。

でもここのC12は年に数回しか姿を見せないし、比較的お気楽な旅程を組める土地柄から、多少の不安はこの際なしとして出かけることに。天候にも不安あったが、なんとかなるさ精神で進めましょう。今回は当地の観光祭と運転日が重なって人出が多そう。案の定、最寄りの主駐車場は満車で不案内ながら遠方の臨時駐車場「こども○○園」?とかへとクルマ行き先指示された。もしや…アレまぁ、そこって予定していた撮り鉄ポイントじゃあないの!不調ながらもツキだけはありそうだ。

暫し待つこともなく、撮り鉄開始。一発目はこの春に運用開始したばかりの新車両でした。その足で本日1便目のSL体験乗車に「半分、青い。」などなど続き…

99B2F41C-3618-44A3-B08C-922CD987185E.jpeg

しかし…朝からの怪しげな雲行きはやはり…局地豪雨と化して…今日の撮り鉄は諦めざるを得ないか。ネバって撮るも手もあるが、こうも大濡れではイカン。今回は早々に納竿、いやいや撮り納めすることにした。無理に居座ってもイヤ〜な気分になりがちな予感もある。その逃げ道でもないが、少し移動して以前から気になっていた「どんぶり会館」を訪ねてみることに。

9F813A18-E61A-4C5A-BC90-9453471F90D3.jpeg

きっと焼物好きにはタマリマセンわ、小綺麗な売り場は多くの方々で賑わっている。それよりかドンブリお持ち帰り付き丼物を食しなければココへ来た意味がない。上階のレストランへ向かいメニューを覗くと…ナゼか唐揚げが食べたくなり…

5FE3D923-66C8-4623-8F48-4817170D67C8.jpeg

美濃地鶏?これはかなりのボリュームだ。しかも美味い!ソース類は不要でイケる。これまた久しぶりに美味い唐揚げを食することができ満足。しかし結局は食べ過ぎで腹もたれ…その影響もあってか、翌日もその翌日も不安定なココロ続き、体調の維持管理は難しい。

そーいえば今日は何曜日だ?ヤバい…連休ボケが始まったかも。おかしい、ナンか変だ。これまでの事、相当に溜め込んでいるようだ。せっかくの大型連休、ユルリ癒すタイミングなのに…果たして終盤の挽回なるのか、期待は止まない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

まだ早いのか?2 [楽]

まだ早いのか?2

仕事疲れか、腹の調子が悪い。それでも釣り…行くのか。いつもの不眠症で深夜早起きしたものの、体調の悪さに戸惑う。そんな怠さを感じながらもクルマを走らせるなど、自身バカとしか言いようがない。現地到着、体調不良の出遅れで日の出からすでに1時間が経過している。今日から大型連休の始まりか…おや?でも今朝はオレひとりではないゾ。岸壁には地元師らが複数お見えになる。平素の静寂を破り賑やかに歓談され、しかも竿が出ている。コレもしや釣れるのか。

F9836C0A-E787-4C93-9630-82D9C5C87129.jpeg


早速釣り座を準備して竿振り開始、今朝は大潮初日、潮はサゲに入っているから流れもあり条件は悪くない。せっせと振り続けること1時間、アタリまったくなし。いったいどうしたことか。一方、地元師の皆様はボラの引っ掛け釣り?物干し竿になにやらハデなオモリ付き三本針フックの仕掛け、タナはやけに浅い。竿は置き竿、時々軽く誘いを掛けるだけである。耳に聞こえるは根ザカナの話題ばかりでサビキで数出た!なんてーのは無し。アタリも出ないが多勢で賑やか、朝日を浴びつつ楽しそうだ。

そんな中から面割れ?している地元師が声をかけてくれた。やはりサビキはダメらしい。サッパでもあげる人はチョイと10尾はあげるときもあるそうだが日ムラも大きいとのこと。港内に入っていることは確か、しかしマズメに限らず食いのタイミングは朝か昼かも定まらず、要は竿出して見なぁ分からん…シーズンは連休明けからが本番みたい。それにしても余所者に紳士な声かけで付き合ってくれる、やはり常滑、いいところである。

釣れずとも竿を出す、その前向きな地元師の姿勢にあやかりたい。もっとも奴らは毎日徘徊しているので、その成否は自ずから答えが出ているハズだがチョイと羨ましくも思える。おかげで気分は好転したが相変わらずアタリがない。竿が重く感じるようでは、少なくとも今現在はダメらしい。諦めが肝心かと早々に納竿し、いつもの順光ヒコーキ撮りへと嗜好を変える。ポイントへ移動すると強めの西風、日差しは強いが冬の格好しないと結構寒い。
A7F53BE7-8E59-4A22-8C0B-AB6B74455864.jpeg

8C78D067-C5C1-4F23-99FB-520AE3DAFAD5.jpeg

14C51A4B-E118-4DC5-A06F-B6228FAEEEB5.jpeg

今朝はラッキーなランチェンが続き、フレイター2社を収めることができホクホク。ホントは長時居座りたいのだが、午後からの用事を控えて残念ながらこちらも諦め、撤収とした。連休中はこんなパターンで体調回復に努めたいと思う。

523E699D-C86B-4491-9D29-BB28BB0BB53A.jpeg





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

まだ早いのか? [楽]

まだ早いのか?

そもそも釣りとは釣れてナンボの世界。それが日頃のストレスからの解放を促す。家庭ではチャンネル権なし、食も細くなりマイ茶碗は子供の使い古しポケモン柄のアルマイト。職場では事が起きればテメエのせいだと罵られ、疑問を提起しても返るは言い訳ばかり…YESかNOかで答えりゃいいんだよ!ナニすっトボケテいるんじゃねえよ!腹が立って仕方がない。

これは相当に溜まっている。捌け口がないのだ。GWも次週に迫り陽気よし、今日は夜明けと共にアゲの中潮、釣りにも文句なし。岸壁から望む朝日の風景に癒されながら座を構える。

7BF257CE-23B1-47CC-A0A7-872541C0C7C0.jpeg

しかし…だれも居ない。ポイント一等地の角を縄張りにできたとハイシャイではいたが…嫌な予感は的中する。潮の流れが思いのほか強く、ポン級サビキ屋では撒き餌を同調させるどころの話ではない。むしろこの流れの中、勢いよく回遊するであろう獲物を掛ける楽しみから竿振りに夢中。でも…まったくアタらない。シーズンまだ早いのか?

11F82306-8A18-4B89-887E-B6B4427C4C4B.jpeg

そもそも地元師のお姿が見えないのだからダメなのだろう。地元情報網は的確、偵察部隊は頻繁に現れるが竿振りされる様子なし。カサゴは上がるそうだ、ただし夜釣り。「今年は釣れない、異常だ」なんておっしゃる杖をついた地元師も現れた。これではココロ折れるばかり…すると…初アタリあり!メダカなイワシが入れ食いで2匹、情け無い。

F04FF952-3F0A-4569-B44D-C0D94DA02794.jpeg

「今年初めて魚姿を見たよ、アンタが竿頭、目の保養をさせてもらった」と地元師にベタ褒めされて恐縮したが、その後もアタリなし。なんてーこった、満潮時刻になっても不思議に潮の流れ止まらず、諦めの納竿。慰めに末広橋梁の開閉姿を見て過ごす。新しもの好き、DF200はココまで侵攻するのであろうか。また癒しに来よおっと。
17FC7437-342F-4707-8CC2-8B1DFB999F85.jpeg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

好師に肖れば大吉となる (後編) [楽]

好師に肖れば大吉となる (後編)

なごや航空ミュージアム

自宅から再び空港へ出撃、本日気になる2機体の追っ掛けを始める。現地到着、同業者の皆様も多数、コレ目当ての方々が多い。先回のゼロ戦飛来時もフライト時間の情報が乏しく苦戦したが今回も同じ、待つしかないかとジッと我慢を決めていたら…あっさりサッサと動き始めた。そして期待通りのフライバイ、いい思いをさせて頂いた。
171203 05.jpg

171203 06.jpg

171203 07.jpg



さて夕刻も近づき、パイロット職業体験の最終回のコマ券を手に再入場。この時間帯、日も暮れて家に帰りたい気分半分だったが、いざ中に入ればヒコーキヒコーキなので、やはり楽しい。ちなみにトイレの個室はトビラを閉めるとコクピットになる。やはり楽しい。
171203 08.jpg


最終のコマは「大人の体験教室」とな?参加者10名、講師のYさんはなんと元空自でパイロットのインスペクターという。「ボランティアを買わされたぁ〜」とグチグチ言われる割には話し上手、初っ端からヒコーキの話に引き込まれてしまった。
171203 09.jpg


知っているようで知らなかった操縦の裏技などなど、座学から始まりYSの機体下面見学と講義は続く。なんと!YSにフレアーが装備されてるなんて、恥かしながら知らなかった。それだけ重い任務を背負った機体だったのだ。たかがYS侮るなかれ、ここにいる152号機はただ者ではない。機体後部のラムエアインテーク内には巣作りしているヤツらも居るし、楽しいことこの上なし。
171203 10.jpg


そしていよいよフライトシミュレータ、YS-11に着座。NKMのRW34を離陸、しばらく巡航してからFUKのRW16 へと着陸する。この装置、実パイロットの訓練にも使えるほどケッコウ精巧なシロモノとのこと。ただしお子様にも考慮してか、ラダーペダルがないのが玉にキズ。

「FUKのアプローチ正方位は150だゾ。」とのアドバイスや「スロットルは握るより根元を摘んで」操作するほうが的確にコントロールし易いなどなど、並んだ5機のシミュレータ間を飛び回ってご指導続けるY先生。上手く出来た時にはお褒めのお言葉も欠かさず飛ばすところなんぞは、さすが元インスペクターなお人柄。

パイロットのお仕事とは、機体のコントロールと管制とのコミュニケーション、それに機内マネジメントを同時かつ完璧に成し遂げること。ここではコントロールだけの体験となるが、パイロットって究極の商売人であることが理解できた。

何事もそうだが良い先生、好師に巡り合うと実に勉強になる。今回は優しいモードでの体験だったが、難しいモードもあるそうで、次回は是非とも難モードで挑戦したい。この「大人の体験教室」、平日は午前の2コマ、休日は最終回の1コマだけみたい。1時間ほどのこの教室、実にお奨めです。暇のない就業同好の皆様もサボリ作って是非体験して頂きたい。

それにしても参加者全員が五つ星の成績を納めるとはアッパレ。これもY先生のおかげ?もしくはその方面に精通した皆さまの集まりだったのか知らん。好師に肖れば大吉となった一日でした。
171203 11.JPG



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

好師に肖れば大吉となる (前編) [楽]

好師に肖れば大吉となる (前編)

なごや航空ミュージアム

チケット購入まで30分待ちとは意外な人気?…欧米にあるあるのミュージアムと比べたらお世辞にも◯△[×]?□ともに比較批評しようがないが、新しモノ好きの性?単に地元ということもあり開館後の最初の日曜日、朝10時の開場とともに訪問してみた。展望デッキあるし…主に実機の撮影を我が目的としている身としては、ここの入館料はチトお高い印象。もし年パス制度があれば撮り屋として文句なしで購入するのだけど…

長い行列待ちの末、やっと自分の順番がきた。再入場の手続き方法などなど、カウンター嬢に食い付いていたら「お客様、フライトシミュレータ体験など如何でしょうか?」とな。ただし本日の最終コマのご案内、普段なら家で晩酌始める時間帯なのだが折角なので予約を済ませる。しかしこれが後で大吉となるとは…この段階では思いもしなかった。

171203 01.jpg

大好きなヒコーキが其処此処に展示されているから場内楽しく歩き回れること然り。ただ展示機の絶対数が少ないから…入館料ほどの価値は低いかも。ただ気になる2機体の特別展示もあったので、どちらかといえば本日はソレ主体。やはり足繁く通うまでの場所ではないかも。

171203 02.jpg

171203 03.jpg

ショップもあり。のぞいてみるとB社のステッカーは比較的良心的なお値段、もちろんシアトルで仕入れるよりは当然ながら高いけど、このへんは商売気の薄いお役所オーナーならではの良心?なのだろうか。ここで一旦退場して自宅に戻り所用を済ませる。地元立地のありがたき事かな。そーいえば黄色の機体、ピトー管に鳥が突き刺さっていたが、これって良いのか知らん。 (後編へ続きます。)
171203 04.jpg




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

あらためまして…クスリの効用 [楽]

あらためまして…クスリの効用

低迷を続けている体調であるが減薬のため、お医者のアドバイスもあり屯服として服用中のおクスリ。いざ処方通りに定時定量ここ数日のこと、これを実践した所、幸いにもソコソコな好転を示し始めている。これぞクスリの効用…そーいえば忘れていたなぁ、ムカシもこんな偏屈な時期があった。ビョーキの経験を生かし切れぬ無念を感じる。

先ずは朝飲んで職場へ離陸、順調に飛行を続けるが昼前になると失速気味に。昼メシ後、その日2回目の服用、すると再び順調な飛行に戻る。その後は夕刻、ヤバそうならばさらに飲むと言った具合である。ただし1日の許容量、目一杯の量であり、減薬を望み願う身としてはチョット悔しい思いも強い。

それでも世間の空っ風に吹き飛ばされる気持ちにも落ち着きが出てきて、なんとか耐え忍ぶことができるようになってきた。それと夜は早寝すること。深夜に目覚めて不安になり、朝までウダウダする日もまだまだ少なくないが、睡眠は十二分にとることが肝要と実感している。

こんな調子で毎日やっていくうちに、自分なりの快適環境が出来つつある。規則正しい生活、やっぱりコレ基本か。休日も大人しくしていよう。そんなこんなで土日ダラダラしていたら早期警戒を怠り…行きつけの飛行場にタイヘンな機体が舞い降りたことにも気付かず…

IMG_3086.JPG

IMG_3087.JPG

SNS時流の今だからこそ助かったけど、なんとか撮り納めることができた。型式は違えど国内でコヤツのフライトを目にするのはウン十年ぶりだ。久しぶりにカメラを持つ手が震える。その分、コヤツの効用は実に大きいと思われる。
IMG_3088.JPG

IMG_3089.JPG


独特の尻振りタキシーは置いといて、その爆音と飛びっぷりの優雅さには萌えてしまうワ。
IMG_3090.JPG

IMG_3091.JPG


自宅近所に来てくれたことだけでも感謝、体調復活に絶大な影響力があった。将来再び…巡り合う機会を…期待したい。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

クスリのお悩みは撮行で癒す [楽]

クスリのお悩みは撮行で癒す

久しぶりに好天となった週末、チャンスとばかり航空祭の開かれる明野の飛行場まで撮行する。目標はヘリのダンゴ撮影、一度でいいから飛行場の外周からコレを撮影してみたかったのだ。しかし道中、片道100kmの運転もここに来て辛く感じるようになった…萌え人ココロ崩すの図、今の体調の乱れが心配だ。

クスリの服用を頓服方式から処方通りに戻したところだが、飲み過ぎ注意なのか、それでも効いたり効かなかったり効きすぎたりでお悩み中。まぁ公私ともにユルリ出来ない雰囲気の今、嗜好のワガママはもう少しガマンする必要がありそうだ。自由に空を飛べるまで、好機はきっとやって来る。なんて偉そうなコトを考えても滑走路を目の前にできる本日はケッコウ贅沢承知と感慨にふける自分である。

IMG_2959.JPG

早速エプロン内をブラブラ。それにしても外来含めて全体の機体数が少ないなぁ。ムカシはもっとたくさんの機体があった記憶。47なんて2機しか居ない?それとプログラムイチバンのお楽しみだったOH-1の試験飛行はキャンセルとのことで残念。でもお日様に当たってカラダ暖か、ユルリと機体に寄り添えるエプロン地区、これ即ち癒しである。

171104 001.JPG

171104 002.JPG

フライト開始時間に合わせ、いよいよ飛行場の外周へ移動する。ここグラスランウェイ上でランナップするヘリの姿がタマりません!

171104 009JPG.JPG

いつもの通り、恒例の大編隊が離陸して祝賀飛行の開始。会場上空をフライバイすると一部の機体はすぐにアプローチに入る。そして目前をエアタキシーからターンをカマされ凄まじいダウンウォッシュをモロ浴び。カメラを構えるカラダが押され、イシツブテが飛んでくる。しかしこれか快感!楽しさこの上ない。

171104 006.JPG

171104 007.JPG

それにしても肉球を持つパイロットが実在するとは…驚きと楽しさに感謝ですワ。

171104 010JPG.JPG

IMG_2957.JPG

空自機のデモもなかなか贅沢。ココ…陸自駐屯地なのに空自が圧倒しているカンジがまたヨロシイ。

171104 018.JPG

171104 017.JPG

171104 003.JPG
171104 015.JPG
171104 014.JPG
171104 013.JPG

171104 019.JPG

2時間ほどの撮行であったけど、目標のダンゴ撮影も出来たし…ココロの癒しはそれなりに達成感あり。晴れてはいたが、撮りたい時になるとブ厚い綿菓子雲が太陽を遮ぎるから絵ヅラ結果にはやや不満を漏らす。

さてと、ポチポチ帰るか。このごろ甘党に傾きつつあるから思わず購入、赤福さんの伊勢だよりは昔と変わらない図柄であった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ヒコーキとクスリは使いよう [楽]

ヒコーキとクスリは使いよう

今週末も雨か。天候が不安定なのは自分のココロ持ちと同じ?好意なるイベントが重なる週末に限って両者ともコレだからイヤになる。今年の秋はいつもの秋より…トキメキ心元ないなぁ〜。それでも雨の中、今日は早朝から飛行場へと足を運ぶ。抽選制となるイベントが昨今主流に感じられるが、今朝の式典は一般の方、ご随意にお越しくださいませとな?この手の催し物は人気高く?多くの人波は苦手なので、不安半分な行脚の始まり。

式典開始の10分前に現地到着したが、アレ?入り口付近はスタッフの姿ばかりで意外な光景。「報道さんですかぁ?」「いや〜、一般デス。」案内に誘われるままスンナリとハンガー内まで進むと予想外に少ない人集り。お目当の機体はまだ外…搬入のためすでにトーイング準備完了、第二の人生を祝う門出は雨に打たれさらされで…悲しいスタンバイに見える。

IMG_2843.JPG

ギャラリーの少なさにカブり付きで機体を見守る。穏やかなファンの皆さま、おおちゃくいヤツは一人も居ないから撮影も概して苦にならず思い通り。定刻通り式典が始まり議事が進む。初飛行を見守ることも上気に徹するが、要廃された機体のセレモニーに立ち会うチャンスも他にないだろう。これは貴重な時間を過ごすことができた。

IMG_2845.JPG
IMG_2844.JPG

ところで今朝からは平素の気まぐれ頓服用法はヤメ、処方通りにクスリを飲んでみた。もう飛ばずのセレモニー?とはいえ、好きなヒコーキを十二分に眺めさせていただいて、これら療法も複数シッカリ併用した方が効き目倍増!久しぶり、ひとりでも活力に満ちた前向きな時間を過ごすことができるようになった本日。不調なる今は暫く「コレ」でヤってみるか。あとは天気の回復、秋の晴天を待つばかりなり。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ウルメイワシはナゼか底? [楽]

ウルメイワシはナゼか底?

なんとなんと…ひと月ぶりに常滑にて釣行できた。なんやかんや、ここンところのイベント動乱の中では自由な時間持てズのどうのでヤットコサ、である。ただし竿出しの有余は午後イチのいっ時だけ、さらに今日は日曜日、平素は殺風景な港岸壁も大勢の家族連れやらグループやらで大賑わい。好意の角ポイントからはだいぶ離れた位置しか空きあらず仕方なし、先ずは釣り座を構える。

171001 常滑01.JPG

大潮前の中潮初日、午後から少しずつ上げ潮となるので少しはマシかと、いつものパターンでノベ竿でサビキってみる。先行の方に挨拶するとエサ釣りされている様子。「ここらヘン、東向きは底がヘドロなので南向きの護岸から投げた方が砂地底で良いですよ〜」と知っタカ振りな言葉を投げ掛けた途端にその方、ハゼをゲットされ大喜び、で会話途切れ。しかも連チャンでのアタリ続き…もしや今、ハゼ絶好調か?

171001 常滑02.JPG

まぁ気を取り直して自分も竿振り開始、一生懸命サビキるが、思うようにアタリが出ない。満ち潮時なので濁りは少なめ、ただし流れは乏しいかも。何より今シーズン初めから同じ仕掛けを使い回しているケチなタチなので、サカナも寄って来ないのかも。それでも飽きずに誘いを掛けていると、ベタ底タナで初アタリ!やっと来ましたイワシちゃん…ん?でも少し違う?コレ…マイワシ?いや違う。目がウルウルのウルメイワシか。

171001 常滑03.JPG

その後も底タナでポツポツとアタる。アジでもないのに何でイワシが底なのか?とりあえず釣れるサカナを釣りましょうと竿振り続けていると、目の前の水面がザワつき始めた。ざっと数百匹のイワシの群れ?皆オオクチ開けて海面スレスレを泳ぎまわる光景は圧巻だ。これ見逃すワケにはイカず、しかし撒き餌には見向きもしない。見えるサカナはやはり釣れないのか。それでも何とか掛けて見ると…なんとマイワシである。底がウルメで上がマイワシって、捕食生態の違いなのか。

同じイワシでもウルメよりマイワシの方が断然美味いからと期待を掛けたが悔しい。いやいや、釣れるサカナをバカにしてはイケない。底に潜むは今の自分を重ねるようで、この際はウルメ愛で誘いを掛けよう!などとソーコーしていると潮目の変化あり?底から中層へとウルメは上がり、マイワシと混じり始めた。カタもソコソコあるので一荷で掛かるとケッコウな引きである、これは面白くなってきた。

171001 常滑04.JPG

常連師によると、今年は釣り護岸も前島もイマイチだという。チヌ?の釣果はあるもののアジ、そう、あのアジの姿なく…去年のアジ爆釣が忘れられないのだろうか、皆様ともゲンナリされている。

でもイワシだったらイイ感じ。今回は午後イチ小一時間で36匹。朝マズメなら束釣りも期待できそうだ。次の週末は…イケるかな?今年は黒潮が大蛇行しているともいうから、なんかトリッキーな釣果に期待したい。なにより…底ウルメが這い上がって気分良く泳いでいるが如し、久しぶりに癒されました。やはり竿振りは良い。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康