So-net無料ブログ作成

習慣病 [楽]

習慣病

困ったことに、このところハンディー機の調子が良くない。機体側からの声はナンとか聴き取れるが、なぜかタワー側からの声はガサガサである。日頃Pゲットに勤しみ勤しみ、アフター5はバズーカを脇差に滑走路に隣接する公園内をウロウロしているから、イザという時にコレがモノを言うワケ。裏返せばコレ無しには脇差の楽しみは無いワケでして…まぁ20年近くも酷使していれば、たとえメイドイン日本の受信機でも致し方無しか。ややもするとパイロット側の入感も怪しくなってきたので、これでは習慣病をさらに悪化させる可能性が高まったと判断、常用機として買換えを決めた。

170809 NKM 01.jpg

ムカシはラジオなんか無縁だったから、日が暮れるまでランウェイエンドにタムロしては、いつ飛んでくるか判らないヒコーキを目を凝らしてアプローチ方向を見つめ続けていた。撮りたいがため、そんな事しかする術なく…無論そんな姿を好意に見てくれる人など無く、今風で言えば「不審者」そのものだ。中の人から人払いされた経験もあるが、ウワサに聞いたフィルムを抜き取られるなど…幸いにも至っていないムカシのお話。

そんな時代を過ごしていると、据え置きタイプながらなんとか懐の許せるエアバンドラジオが市販されるようになり…やりくり構わず手に入れて試用すると…ナンと言うことでしょう!出待ち頼りの撮りだったオタクの楽しみ方がさらに広がった。特に目視だけに頼っていたアプローチ情報がGCAにより早期確認できる。その3次元の世界、コントローラとパイロットのその絶妙なやり取りに聴き惚れてしまった。

ただし当時のラジオはハンディーとは言い難く、しかも現場まで別途12V電源も持参しなければならなかった。それでも楽しかったのは…やはり若気の至りか。その後何台か買い替えたが今回購入のラジオ、実に小さいぞ。目的の周波数もプリセット済み、至れり尽くせり…しかし馴染みの周波数が素直に表示されないのでやや違和感ありまして…まぁこれも時代か。

IMG_2672.JPG

通販の箱から出して早速起動、感度はチリバツ!スキャンも早い早い。文句なしのシロモノ、撮影お助けアイテムの位置付けながらも、カメラ無しでも楽しいぞ。反面…これでお盆休みのお小遣いはパーとなくなり…でもこれで良いのだ。病いの軽減、これ即ちマルである。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康