So-net無料ブログ作成

幸せの境遇 ③ [喜]

幸せの境遇 ③

帰省先から帰還し、ゴジラ展を見てきた。思い出深いナニなので、期待通りの内容であった。

IMGP1858 b.jpg

特筆すべきはオキシジェンデストロイヤー、ずっと眺めていたい出品作品…帰りたくないよう〜ってな感じ。自分は4歳頃に初めてゴジラ映画を観に行ったが、その怖さに居た堪れず席を立ち、映画館のロビーへ出て泣いた。しばらくすると落ち着いたのか入口のドアの鍵穴から上映中のスクリーンを覗き眺めたことを…ナゼか今でも鮮明に覚えている。

その後の映画通いは中学生頃まで続いただろうか。SF系が通いの中心で、1日に2館を股にかけた記憶もある。その後は時代の流れ…映画鑑賞は縁遠くなったが今のシネコンが全盛となるとデジタルリマスター版などという謳い文句につられ、ムカシの映画を観たくて時々通っている。

さらに…「その時期」は過ぎたが、ポケやドラのアニメ系シリーズももちろん「親の立場」からして観に行った。子供にせがまれての難題であったが、なぜか不思議と泣ける演目にココロ打たれたりと…昨今の作品は万人ウケする策にも手抜きがないから、いくらかは良心的だ。

ゴジラ映画を観て泣いた…当時はもちろん子供、親に連れて行ってもらったから、親としては大変であっただろう。料金を支払ったあげく、子供に付き合って映画も観れず…それでも愚痴ひとつ言われた記憶はない。今は全方位から愚痴の砲撃が絶えない毎日だが、これらに応戦するは無意味だ。その教えをモノにできたのも親のチカラと思われる。

本日、オレの夏休み最後の日。先ずは朝寝を楽しみ、その後やおら起き上がればラテを啜りながらユルリと新聞を開き目を通す。なんと幸せなひと時、幸せな一夏が過ぎつつある。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

幸せの境遇 ② [喜]

幸せの境遇 ②

帰省先にて、故郷は遠くに在りて思うもの…とは言え両親とも他界しているので、その想いも違って来た。例えば小遣いをセビ〜る…なんてワケにもイかないから、老いた兄弟?らと盃を交わすくらいが関の山。酒が入ると話声がデカくなるので子供からは煙たがられるが…でも呑んべぇはコレが楽しみで仕方がない。肩の荷が下りたような安心感、用もなくウトウトと転寝もできる環境には感謝します。

親の世代、不躾ながら叔父叔母らの存命者数も今は僅か、昔話を聞くチャンスも激減してしまった。その代わり、今だから話せる亡き人のエピソード、そんな話初めて聞いたぞ!なんて驚きも多い。帰省とはこれまた新しい発見の場、まさにファミリーヒストリーである。自分の両親は若い時分に親を亡くした経験を持つから苦労が絶えなかっただろう。それに比べ…今や苦労なく呑んべぇで居られる自分は…やはり幸せモンである。

それぞれの家の燈りにそれぞれの暮らしがあり文化がある。善し悪しはあろうが、その文化が人を造り、生き抜いていく上での山谷を経験する。あって当たり前、それがフツーであり幸せというものなのだ。身内にヤイバを向けました?なんて暗いニュースも聞くが、フツーの山谷も無く人生を過ごしてしまう社会の何かがあることもまた事実、時代の病因なのであろう。帰省中、子供らは永遠とジジババの話をあびるほど聞かされ、もうウンザリ顔である。しかしその経験が将来、幸せな未来へと繋がる事実は、やはり今の歳になってみないと解らないかもね。


ところで…夏8月も半月を過ぎたというのに東京地方の天候は雨続きだ。そんな中、電車見たさに訪問した万世橋カフェは昼時なのに貸切状態である。こうして雨の降る中、至近を行き交う電車の眺めにココロ委ねる時間を楽しむもよろしい。でもスカッとした晴れが続く未来も…期待したい。

IMG_2700.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

幸せの境遇 ① [喜]

幸せの境遇 ①

前記事の通り、小遣いが無いとは言え、やはりお盆の墓参りだけは欠かせない。今の自分は過去の人々により成るべし。だから交通費を捻出し、楽しい酒盛り(泥酔?)も目論見に、イザ故郷へ帰省することに。今回は新幹線にての移動、箱根の山を過ぎると何時もながら「ふるさと」の匂いを感じる。


170813 001.JPG

せっかくココまで来たからと…ついでながら横浜で途中下車。予想はしていたがイベント目当ての人でイッパイイッパイ、大混雑である。もちろんP狙いの下心ありなので、特段混雑に文句は無いが、ここに来て調子が悪くなってしまった。複数の御手洗をお借りしながら頓服ホイホイ服用しながらPゲットを続けたが、暑さもあって足がなかなか進まない。結果ヤスヤスとは…希望のPコンプは達成出来なかった。しかし…

170813 002.JPG

どちらかと言えばコチラの方が主目的、早速スタッフに状況お聞きしたところ、残念ながら本日風強く、お昼のフライトはキャンセルしたとのこと。飛行船は風しだいか…次のETDまでブラブラとP探しを再開するとしよう。そー言えば…暑さと人混みに気を取られ、赤レンガの向こうに隠れていたココを忘れていた。

170813 004.JPG

170813 005.JPG

こンな物騒なモノを装備した漁船が日本近海を四六時中航行しているそうだ。キナ臭い状況は昨今のニュース報道だけではないという現実が続いているワケ。指先でスマホ画面をピョコピョコとイジっているバヤイではないよなぁ〜。これら見学の間、エアコン涼みもさせていただき元気も少し戻ってきたし…再びピョコピョコ、今度は海側から街中へと繰り出すか…まったく幸せなモンだ。

170813 006.JPG

風も強いままだし、まさかとは思っていたが、ビル群の間からぶ〜ンと音がする?…あれまっ!飛んでるじゃん。離陸を見逃してしまった無念を抱えて係留ポイントへと早足移動、迫力ある接地ワークをなんとか拝ませていただき満足至極。飛行船はコレだから面白い。無人機ながら全長17Mとは恐れ入りました。

170813 007.JPG

170813 008.JPG

さてと見るモノも見たし、横浜を後に…「ふるさと」へとお邪魔すると…目論見通りの泥酔に突入。しばらくは不健康で幸せな時間を過ごすとしよう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

習慣病 [楽]

習慣病

困ったことに、このところハンディー機の調子が良くない。機体側からの声はナンとか聴き取れるが、なぜかタワー側からの声はガサガサである。日頃Pゲットに勤しみ勤しみ、アフター5はバズーカを脇差に滑走路に隣接する公園内をウロウロしているから、イザという時にコレがモノを言うワケ。裏返せばコレ無しには脇差の楽しみは無いワケでして…まぁ20年近くも酷使していれば、たとえメイドイン日本の受信機でも致し方無しか。ややもするとパイロット側の入感も怪しくなってきたので、これでは習慣病をさらに悪化させる可能性が高まったと判断、常用機として買換えを決めた。

170809 NKM 01.jpg

ムカシはラジオなんか無縁だったから、日が暮れるまでランウェイエンドにタムロしては、いつ飛んでくるか判らないヒコーキを目を凝らしてアプローチ方向を見つめ続けていた。撮りたいがため、そんな事しかする術なく…無論そんな姿を好意に見てくれる人など無く、今風で言えば「不審者」そのものだ。中の人から人払いされた経験もあるが、ウワサに聞いたフィルムを抜き取られるなど…幸いにも至っていないムカシのお話。

そんな時代を過ごしていると、据え置きタイプながらなんとか懐の許せるエアバンドラジオが市販されるようになり…やりくり構わず手に入れて試用すると…ナンと言うことでしょう!出待ち頼りの撮りだったオタクの楽しみ方がさらに広がった。特に目視だけに頼っていたアプローチ情報がGCAにより早期確認できる。その3次元の世界、コントローラとパイロットのその絶妙なやり取りに聴き惚れてしまった。

ただし当時のラジオはハンディーとは言い難く、しかも現場まで別途12V電源も持参しなければならなかった。それでも楽しかったのは…やはり若気の至りか。その後何台か買い替えたが今回購入のラジオ、実に小さいぞ。目的の周波数もプリセット済み、至れり尽くせり…しかし馴染みの周波数が素直に表示されないのでやや違和感ありまして…まぁこれも時代か。

IMG_2672.JPG

通販の箱から出して早速起動、感度はチリバツ!スキャンも早い早い。文句なしのシロモノ、撮影お助けアイテムの位置付けながらも、カメラ無しでも楽しいぞ。反面…これでお盆休みのお小遣いはパーとなくなり…でもこれで良いのだ。病いの軽減、これ即ちマルである。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

◯◯なんてそんなもンよ [哀]

◯◯なんてそんなもンよ

とにかく根に持つタイプなので、不利益を被った事実には、仮に相当な謝罪見返りがあったとしても、生涯に渡り恨み辛みを無くすることができない。少しのキッカケで蒸し返しでもすれば気持ちが爆発すること必死。実際そーなったこともあったし、場合によっては法外な行動に走ることも厭わないだろう。ただし言いたいことも口に出せない境遇(性格?心情?)ではグッと我慢するのみでして…やな渡世だなぁ。

IMG_2648.JPG

相手は日々何が好きなのだろうか。認められたい気持ちが強いのか?それらを理解してみようと気持ちは入るがトラウマ、嫌いなことは嫌いであり、やはり回避したいココロが強い。ハイハイと言葉返すだけでも良さそうだが、安易な言い過ぎもどうかと思う。そンな時は…先ずは「ありがとう」「ごめんなさい」を連発しよう。そんな日常が結果的に一番よろしいと思う。

IMG_2650.JPG

其処此処に蔓延する嫌な奴、嫌な文化。
共感出来ない事にはより関心を払った方がいいとは思うが、そんな悠長に構えられるほど自身健康体とは言えない。唐突な短気が災いするから、きっとココロ維持できないだろう。ただし他人には絶対に幸せになってほしいし、そうなるように自らが、また自らを曳航すべきが…我が人生なのだと信じている。

IMG_2647.JPG

ただしここで問題がある。「時間」は待ってくれないのだ。これだけはどうしようもないから…正直疲れる。ま、気兼ねなく過ごす日々が続きますように、やはり健康優先、先ずはこれを肝に命じて歩みますかな。それにしても、酒に溺れて気を紛らわす夜鷹では…実際のところイケませんなぁ?。しかし…◯◯なんてそんなもンよ。

IMG_2646.JPG

なお本記事の一部内容は、NHK 2017/7/15放送「助けて!きわめびと」より引用しております。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康