So-net無料ブログ作成
検索選択

今時のStar Wars [喜]

今時の Star Wars

ご招待を受け結婚式に出席した。ここ数十年は身内知人の不幸ばかりが続き…で、結婚式など実に数十年ぶりである。残念ながら当事者は我が子ではないが、久しぶりに購入した白ネクタイには重みを感じる。やはり祝事は嬉しい。ただし…世の過ぎ去りし習わしか、ウエディングの様も実に多様化しているハズであり、自身の常識はムカシの常識、慣れずの現場で多くの初対面の人らと接し、いったいドーなるか知らん。不安を抱えつつ先ずは会場へと足を運ぶ。

大型総合結婚式場とは、もはや死語か?当日の会場は全域貸切、シックりとしたハイセンスな装飾とゆったりとした室内の創り、ココロ休まる空間が演出されている。出席者も数居りゃいい?なんて罪であり、ごく近い親族、ごく親しい知人のみ、多くとも数十人の規模。お人との交流にはちょうど良い数と思われるが、どの方とも会話が必要となりそうで緊張感増加、悪いビョーキに悩まされそうだ。

これまた久しぶりの正装姿に我ながら強張っていたが、おおっ貫禄あるなぁ!なんて御世辞でも言われちゃうと悪い気はしないから他人様との会話もテキトーかつスムースでよろしい。そんな中、新郎新婦が羽織袴に白無垢姿と和装で登場、ジンゼン?と聞いていたので神前かと思っていると、式場はバージンロード?ありの教会風。式次第が進むにつれて、やっとこさ、シビル・ウエディングの実際を体感することができた。

多様性を重んじる社会は必須、いろいろあって、それで良いのだ。皆様に祝福されるお二人を前に良かったねと御涙頂戴し、メデタシ愛でたし。

さて披露宴は豪華なお食事がメイン、久しぶりのフルコースだけに呑まぬワケには行かない。山の神のお許しを乞うてイザ…しかし…呑んベェは俺だけか。スタッフの女の子が絶えずボトルサービスに来るので断わることは失礼に余る。

IMGP1875b.jpg

余興やサプライズと披露宴は進行、どこかで聞いたファンファーレとともに大型スクリーンに映し出された下から斜め上奥へと流れ行く横書きの下り文句は例のアレ?新郎新婦、出会いまでのビデオメッセージである。そいえばアレのキャラやら彼方此方と演出されていたツボはここにあったワケなのだ。とにかくモダンなハッピーウエディング、祝事は楽しいぞ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント