So-net無料ブログ作成

まったく…なんて日だ [怒]

まったく…なんて日だ

内視鏡検査の日がやって来た。この検査、過去にも一度経験あるが、ケツの穴からホジホジと他人様にアヤメられるあのカタチはどうしても好きになれない。鋭い痛みがある訳ではないが、あのクリクリッ…ホジホジってされるのはどうも…まぁ検査後の容態はバリウム検査のアレ?白い生みの苦しみ地獄?よりはマシであり、自分のモツを内側からモニター出来る楽しみもあるから常行マニアの存在もありかと。

でもチョット不安。この検査…勤め先の検診結果で要精検を言い渡されたのがそもそもの始まり。このところやや柔らかめの排泄が継続していたし、結果オーライならばそれで良いが、さらなる病歴を刻まれるとなると厄介だ。検査の前日は朝から検査食なるカタマリだけ摂取せよとの御達し。この検査食、食後の満腹感はあるが、ナゼかすぐに腹が減る。

その後は下りっ腹のお薬による腸整操作、能書きによれば最大2リットルの溶液をゆっくり飲めとあるが、これがクソ不味いシロモノでオェ〜ッ、ゆっくり飲まざるを得ないじゃん。その内ウォータージェットの如きにナニがナニしてなんとやら。後から聞いた話ではこのクスリ、梅味に調整されているそうだが、個人的には絶対納得しないゾ。近々オレンジ味になるとのことだが…怪しいモンだ。

そしていよいよ検査場の門を叩く。ここ、室内ベットの傍にはグランドレベルから撮影されたMRJ初フライト時の離陸写真が飾られている。某患者さんからの提供だそうだが、このポイントから撮影出来るとしたらもしや…その点は満足だ。検査着に着替えてからベットの上に横たわり、腸の動きを弱めるお注射。そしていよいよホジホジ開始。始めはモニター観賞に浸ろうと余裕をカマしていたのだが…

「はぁ〜い、もっとチカラ抜いてチカラ抜いてェ〜ッ」ってこちらは抜いているつもりなのだが、腸の蠕動運動が活発らしくホジホジが進まない。お注射の効きはどーなった?元来アルコール耐性が強いタチ?なので、この手の麻酔系は効き始めが遅い体質でして…もはやモニター観賞などする余裕なし。痛みをこらえて忍の一字である。余計に硬直するカラダ…「◯◯さぁ〜ん、聞こえますか。◯◯さぁ〜ん!」と看護師さんの絶叫は聞こえるが、容赦無く侵略して来るホジホジに息絶え絶えで…まったく迷惑千万な患者である。

ベットの上、まるで臨終直前の様相を呈した想定外な検査が終わった。結果は…S字結腸に憩室?なる凹みあり…これは加齢とともに増えるとかで炎症無ければフツーなものヨ…で、A-OKと相成った。昼前には検査場を出たが、お注射の効き目抜けず?午後に掛けても圧入エアーの膨満感で苦しみ続け…やっと抜け始めたのがオヤツの時刻を過ぎてから。やれやれ、さて…

IMG_2495.JPG


そこそこ復調したのでウン試しとギャンブルを仕掛けたコイキングにもバカにされ…まったく…すべてが抜けてしまった…なんて日だ。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 2

quis

内視鏡検査お疲れ様でした。
碧南へ行ってきました。干潮で最悪の時間帯でしたが、なんとかサバ、サッパを計48匹ゲットしました。次回は四日市へ出撃予定です。
by quis (2017-07-02 18:28) 

Hiroパパ

quisさん、干潮の中でサバ・サッパの48は釣り甲斐がありますよ。私のようなメダカイワシより、やはり引き味重視で釣りたい釣りです。今週末の大潮は…どーしよーかなぁと思案中…とどのつまりはイクでしょう。またよろしくお願いします。
by Hiroパパ (2017-07-04 20:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0